【置き換えダイエット】炭水化物もOKな糖質制限生活!?

低糖質食品に置き換えるだけで自然にダイエット。無理なく低糖質な生活を送って痩せていきましょう!

【林修の今でしょ!講座】臓器別ダイエット

   

6月21日「林修の今でしょ!講座」で放送された臓器別ダイエットという特集が面白かったので、内容を紹介していきたいと思います。夏までに痩せたい!最新のダイエット法を探している人は、ぜひご覧ください。

「林修の今でしょ!講座」は、テレビ朝日で火曜19:00〜放送されている情報バラエティ番組。MCは「今でしょ!」でおなじみの林先生。テーマにあった専門家を招いて解説してもらう形式。林先生+ゲスト2名が生徒役で学生服を着ている。

講師は循環器系臓器の名医 池谷敏郎先生

池谷敏郎

今回の講師役は内科医の池谷敏郎先生。

池谷先生は、池谷医院の院長兼理事長。内科医、循環器を専門とされています。医学の専門知識を活かしたダイエット法や若返り法で、書籍やテレビで活躍中。「ゾンビ体操」の提唱者としても有名な先生ですね。

ご自身でダイエット法を実践されていて15kgのダイエットに成功されています。やっぱりお医者さんのダイエット法だと、信頼感が違いますよね〜。

4つの循環器に注目したダイエット法

人間の臓器

循環器臓器の名医が注目した臓器は、次の4種類です。

「胃」「脳」「腸」「胆のう」

最新医学で分かった臓器の役割には、次のような作用があると説明されていました。

  • 胃:食欲を左右するホルモン
  • 脳:リバウンドをするか決める
  • 腸:脂肪を燃焼させる
  • 胆のう;ある成分を作って脂肪燃焼を指示

これだけでは何のことやら分かりませんね?それでは、4つの臓器別に詳しいダイエット法を確認していきましょう〜!

胃の機能で食欲をコントロール

食欲ホルモン:グレリン

食欲がでる仕組みは、ホルモンの働きが関係しています。

グレリンという食欲ホルモンが胃から分泌されると

脳の摂食中枢が刺激されて

食欲がでてしまう。

つまり、グレリンをおさえることができれば、

ダイエットが成功しやすくなるわけですね。

グレリンの抑え方

睡眠時間を7〜8時間にコントロールすると、グレリンの分泌がおさえられることが分かっています。

以外と普通の結論になってしまいましたが、睡眠不足になってる人は気をつけましょう。

もう1つのグレリンを低下させる方法

ささみ

「睡眠時間を7〜8時間にしましょう」だけでは、今ひとつだったので番組では紹介されていない他の方法も調べてみました。

どうやら、高タンパク質の食事でグレリンを下げることができることが研究結果で判明しているようです。鶏ささ身など低糖質で高タンパクな食品をメニューに組み合わせると、ダイエット効果を上げることができそうですね。

脳の錯覚で満腹中枢を刺激

脳の機能を活かしたダイエット法は2つ紹介されていました。どちらも地味ながら、手軽にできてなるほどな〜、と思いました。

食事の15分前にガムを噛む

人間の脳はものをかむことによって、15〜20分後にヒスタミンという物質を分泌します。

このヒスタミンが満腹中枢を刺激してくれます。

つまり、食事の15分前にガムを噛むことで「いつもより少ない食事でも満腹感を感じることができる」というわけです。

私もそうですが、太っている人って早食いの人が多い気がするんですよねー。よく噛んで食べると満腹感を得られやすいという話にも通じる理論ですね。分かってはいても、ついつい早食いしてしまう人は効果が期待できそうなダイエット法ですね。

小さい皿で満腹感アップ

デルブーフ錯覚

同じボリュームの食事でもお皿の大きさが違うだけで、違って見えます。

これはデルブーフという人間の錯覚を利用したダイエット法だそうです。

小さい皿に盛り付けることで「たくさん食べた〜!」と脳をだますことができるんですね。

確かにフレンチのオシャレなお店で、やたら大きいお皿に料理が少しだけ乗ってることがあります。お皿が大きいと見た目は美味しそうなんですが「ちょっと少なくない?」と思ってしまうことがありました。でも食べてみると意外とお腹いっぱいになったりします。

ご飯とかでも小さい茶碗の方が満腹感が変わってくるそうです。

腸の仕組みを理解して、ポッコリお腹を解消!

腸

ポッコリお腹の原因は、脂肪だと思っている方が大半でしょう。ですが先生の解説によると「腸が前に出てくる」ことがポッコリお腹の原因だそうです。腸を覆う筋肉が衰えて、支えきれなくなり腸がだらしなく垂れてくるイメージですね。

実際には筋肉だけでなく、脂肪が影響していることもあるようです。体型の割に特にお腹が出ているという人は筋肉の衰えがポッコリお腹の原因である割合が高そうです。

女性の方がお腹が出やすい

筋肉量が少ない女性は、男性に比べてお腹が出やすいという説明。筋肉が衰えて、お腹が出てくるというお話です。中年太りも、筋肉の衰えと関係しているのでしょうねー。

くびれ筋を鍛えてポッコリお腹を解消!

先生がくびれ筋と呼ぶ腸腰筋は、背中と脚をつなぎあわせている筋肉。このくびれ筋を鍛えることで、ポッコリお腹を解消できる!と力強いお言葉。

このくびれ筋は、意識して動かすことが少ないそうです。

くびれ筋を鍛える効果

  • くびれ筋(腸腰筋)が衰える:猫背になりお腹がでる
  • くびれ筋(腸腰筋)を鍛える:内蔵を包み込みくびれができる

くびれ筋を鍛えるゾンビ座りのやり方

お腹をへこませて、くびれを作る運動として紹介されたのが「ゾンビ座り

次の内容を15秒くらいかけて行います。

  1. イスに浅く座り、足を肩幅くらいに広げる
  2. 背筋を伸ばして手を前にあげる(ゾンビを真似て)
  3. 5秒かけて息を吐きつつ背中を丸める
  4. 戻るときは5秒かけて息を吸いながら行う

運動とはいえないほど簡単な内容でした。1〜4の3回ほど行うと良いそうです。

胆のうを利用したダイエット

ネイチャー

脂肪燃焼の秘密兵器として、紹介されたのが胆のう。胆のうには胆汁という液体が保存されています。

最高峰の科学誌「ネイチャー」で発表されたのが、

胆汁は脂肪燃焼を高めるという内容でした。

簡単に要約すると

  • 古い胆汁を捨てる→新しい胆汁をつくる

排便によって古い胆汁は捨てられ、新しい胆汁が作られる。

結果、脂肪燃焼効率を高めることが期待できる、というメカニズムになります。

水溶性食物繊維が豊富な食べ物

胆汁の話がよくわからなかった人も、安心してください。

結論としては

  • お通じを良くすると、脂肪が燃焼されやすくなるよ
  • 食物繊維の豊富な食べ物でお通じを良くしよう

というお話なんです。

100gあたりの食物繊維は、次のとおりです。

  • らっきょう:18.6g
  • ごぼう:2.4g
  • だいこん:0.5g
  • キャベツ:0.4g

ただし、酢漬けされているカレー向けのらっきょうは、水溶性食物繊維は摂りづらいようです。

らっきょうスムージーのレシピ

らっきょう

水溶性食物繊維を効率良く摂取するのに、オススメとされていたのがらっきょうスムージー

正直なところ個人的には惹かれませんでしたが、レシピを紹介しておきます。

  • らっきょう:3粒
  • りんご:100g
  • レモン汁:大さじ1
  • はちみつ:大さじ1
  • 水 + 氷:100g

林先生は「まずくはないですね」とコメントされていました。やっぱり「らっきょうの感じ」は残るようです。個人的に、らっきょうスムージーはちょっと・・・という印象でした。

まとめ

以上、名医が教える最新臓器別ダイエットでした。地道な方法ですが、日々意識をすることで効果は期待できそうですね。

個人的に脳を利用したダイエット法は良いな〜と思いました。ですが、目に見えた効果を出していくのは大変そうなので、他のダイエット法と組み合わせると相乗効果が期待できそうですね。

夏までのダイエットを目標にしていると思いますが、お互いがんばりましょう〜!ちなみに、私が現在実践しているおすすめダイエットは、ソイジョイ系のダイエットです。ソイジョイにはごぼう以上に食物繊維が含まれていますしね〜。

参考:糖質制限ダイエットに1番適したソイジョイは?

 - ダイエット手法