【置き換えダイエット】炭水化物もOKな糖質制限生活!?

低糖質食品に置き換えるだけで自然にダイエット。無理なく低糖質な生活を送って痩せていきましょう!

選ぶメニューを意識するだけ『低糖質メニュー置き換えダイエット』

   

「糖質制限ダイエット」はレベルは様々ですが、炭水化物を制限されると多くの人は長続きしません。

一時的には痩せることができても、「リバウンドで却って体重が増えてしまった」というケースも少なくありません。

今回紹介する「低糖質メニュー置き換えダイエット」は、可能な限り今までどおりの食生活を送りながら、低糖質なメニューを選ぶことで痩せよう!というものです。

外食やコンビニのメニュー選びでも、少し工夫するだけでも糖質を大幅にカットできます。

「ビール」を「ハイボール」に置き換える 【糖質-17.7g】

ハイボール

「ビールが太りやすい」というのは、もはや常識でしょう。

「健康診断で糖尿病予備群と診断されて、ビールの飲み過ぎを指摘された」なんて人も増えているようです。

ビールはジョッキ1杯の糖質は17.7g。2杯、3杯とおかわりすると恐ろしい糖質量になっていきます。

ビールはダメでも、他のアルコールに置き換えることでお酒を楽しむことは可能です。

「焼酎」「ウイスキー」「ブランデー」「ハイボール」

これらのお酒は糖質ゼロなので、低糖質ダイエット中でも問題なく飲めます。乾杯のビールは譲れないという人も、2杯目以降はハイボールにしたり、気を使いたいものです。

「それでもやっぱりビールが飲みたい!」という人は、「糖質オフビール」に置き換えてもいいでしょう。

飲み屋では難しいかもしれませんが、家で飲み分には銘柄を細かく選べるメリットがあります。

銘柄選びの注意として、黒ビールは、やや糖質は高めになります。

また、ノンアルコールビールは、糖質は却って高いビールも多いです。

ノンアルコールで低カロリーな「アサヒドライゼロ」ですが、糖質は3.4gとあまり低くなかったりするので、この辺も気をつけたいところです。

「白ワイン」を「赤ワイン」に置き換える 【糖質-0.5g】

赤ワインと白ワイン

結構有名な話で、テレビでも取り上げられる機会が多いのが白ワインから赤ワインに置き換える方法。

銘柄にもよるのでしょうが、意外と効果は小さく糖質-0.5g。毎日飲む人が置き換えるのであれば、ちりも積もればとなるでしょうが、そもそも毎日ワインを飲むような人はこだわりがありそうなので、赤を白には容易には変えられないかもしれませんね。

赤ワインにはポリフェノールが豊富なので、糖質だけでなく痩せやすくなる効果が期待できる面もあります。

白ワインより糖質が多いのが、「ロゼ」と「スパークリングワイン」です。こだわりがあって好きで飲んでいる人はともかく、どれでも良いんだけどな〜とワイン選びに迷っているときには、少し糖質のことを考えても良いかもしれませんね。

商品名 カロリー 糖質
 赤ワイン 80kcal 1.7g
白ワイン 80kcal 2.2g
ロゼ 85kcal 4.4g
スパークリングワイン 50kcal 3.9g

数値はどれも、グラス1杯(110ml)の値です。銘柄によっても異なりますが、参考までにおさえておきましょう。

「アメリカンドッグ」を「フランクフルト」に置き換える【糖質-7.9g】

アメリカンドッグ

コンビニのレジ前メニューの定番、アメリカンドッグとフランクフルト。

調べてみるとアメリカンドッグの方が3倍近くも糖質が高いです。衣がついてる分、糖質が高くなるのは当然ではありますけどね。

「どっちでもいいんだけど、どっちにしようかな〜」なんてときは、フランクフルトを選ぶようにしたいですね。

その他のコンビニメニューもまとめてみました。コンビニメニューは、おいしいですが糖質が多い食べ物が一杯なので、注意しましょう。

商品名 カロリー 糖質
ポテトコロッケ 306kcal 34.2g
ハッシュドポテト 224kcal 25.7g
フライドポテト 197kcal 24.5g
アメリカンドッグ 230kcal 12.2g
フランクフルト 209kcal 4.3g

「ビーフカレー」を「ドライカレー」に置き換える【糖質-23.6g】

ドライカレー

カレーライスは、ダイエット中には、なるべく避けたいメニューです。

それでも食べたくなるものです。そんなときは、少しでもカレーの種類を工夫して糖質ダウンを図りましょう。

ドライカレーやスープカレーに置き換えると、糖質、カロリーをカットできます。

商品名 カロリー 糖質
ビーフカレー 675kcal 95.1g
ポークカレー 656kcal 94.9g
ハヤシライス 652kcal 80g
スープカレー 416kcal 79.9g
ドライカレー 617kcal 71.5g

ですが、ドライカレーにしても、他のカレーに比べれば低糖質ですが、まだまだ安心できる数値ではありません。

コーヒーに入れるスティクシュガーで20本以上ですから、かなりの糖質量です。

そこで、ダイエット中でも食べられるカレーを探してみました。

低糖工房の低糖質ビーフカレーは、カロリー99kcal糖質4.14gとものすごい低糖質。しかも味の評判も良いので、カレー好きにもおすすめしたい低糖質カレーです。

「つけめん」を「ラーメン」に置き換える【糖質-20.4g】

しょうゆラーメン

お店や商品によっても違いはあるでしょうが、一般的につけめんは高糖質です。

塩ラーメンと比べると、糖質20.4gもの差がありました。

ラーメン事態が決して低糖質ではないのですが、「つけめん」は飛び抜けているので食べるときには覚悟が必要です。

その他のラーメンの種類による糖質とカロリーをまとめてみました。

商品名 カロリー 糖質
 塩ラーメン 414kcal 74.4g
しょうゆラーメン 500kcal 79.3g
みそラーメン 470kcal 78.6g
とんこつラーメン 528kcal 78.5g
つけめん 769kcal 94.8g
大豆麺ソイドル + とんこつスープ 164kcal 3.3g

つけめんのカロリー・糖質は別格ですが、他のラーメンも高い水準であることに変わりはありません。

そこで、ダイエット中でも安心して食べられるラーメンはないかと探したところ、見つけたのが大豆麺ソイドルです。スープを足しても、糖質はつけ麺の1/30ほど。

参考:糖質ダイエット中もOK!低糖質ラーメン おすすめランキング

ソイドル

 - ダイエット手法, ダイエット知識