【置き換えダイエット】炭水化物もOKな糖質制限生活!?

低糖質食品に置き換えるだけで自然にダイエット。無理なく低糖質な生活を送って痩せていきましょう!

青汁でやせられるって本当?青汁ダイエットを成功させるポイント!

      2017/04/23

ケールの青汁

「青汁を飲むだけで痩せられる」

最近、インスタグラムやツイッターで青汁ダイエットの話題を見かけるようになりました。

「どうやって青汁でやせることができるのか?」その理由を解説していきたいと思います。

青汁がダイエットに向いてる3つのポイント

野菜不足を解消して健康的にやせる

まずは青汁のイメージにもあるビタミンやミネラルを補って、野菜不足を解消するという点です。

たとえば、朝食ぬくことでカロリーや糖質は抑えられますが、代謝は悪くなっていき効率的にエネルギーを消費できないという問題があります。ビタミンやミネラルには、代謝を活発にする働きもあるので、青汁の力がダイエットサポートに役立つのですね。

低糖質、低カロリー

「低糖質、低カロリー」であること。

青汁の他に話題のダイエットドリンクには、スムージー酵素ドリンク野菜ジュースなどがあります。

飲みやすいことを売りにしていますが、実はこれらのドリンクには糖質がかなり含まれています。

例えば、伊藤園の『無添加充実野菜』という野菜ジュースには糖質が17gも含まれています。

これは食パン8枚切りの糖質20gとほとんど変わらない数字です。

  • 伊藤園『無添加充実野菜』:糖質17g
  • 食パン8枚切り:糖質20g

つまり、仮に野菜ジュースで朝食の置き換えダイエットもしても、糖質上はほとんど変わらないことになります。

そこで、同じく伊藤園の毎日1杯の青汁は糖質9.8gと野菜ジュースの半分ほどの糖質になります。

食物繊維が血糖値をおさえる

青汁の商品によりますが、多くの青汁には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、血糖値の急激な上昇をおさえることで、肥満を防止する効果が期待できるのです。その他にも食物繊維には、脂肪の吸収をおさえる効果もあり、ダイエットには欠かせない栄養価の1つです。

野菜をたっぷり摂れている人は良いですが、野菜不足を実感している人は青汁から食物繊維を摂るとダイエット生活がはかどるわけですね。

青汁の大きな弱点

一方、青汁の問題点について確認していきます。

まず、一般的な青汁は粉末を水に溶かして、青汁を作ります。

青汁のスティック

最近はスティックタイプが主流なので、粉の量を計測する必要はないのですが、それでも青汁をかき混ぜるのがちょっと面倒なんです。

粉末の青汁を問題なく、作り続けられる人はいいでしょう。青汁ダイエットは継続できなければ意味がありません。

もう1つの青汁の弱点は、苦さ、飲みづらさにあります。量は100mlほどなので、問題ないでしょうが、毎日飲むのはツライという人もいるようですね。

効果があることは当然として、ダイエットでは「いかに続けやすいか?」がポイントだと思うんですよね。

ダイエット効果は期待できそうな青汁ですが、弱点もあるということを理解しておきましょう。

粉末青汁のデメリットを解消した錠剤タイプ

青汁には弱点があることを説明しましたが、実は青汁には、粉末の他に錠剤タイプがあります。錠剤の青汁は粉末タイプのようにかき混ぜる手間がいりません。しかも、栄養素が錠剤に凝縮されているので、粉末の青汁と同じメリットがある。

「錠剤の青汁」と一言でいっても、商品によって使われている青汁の原料や成分はまったく異なります。もちろん価格や飲む回数も違ってきます。自分が続けられそうな青汁を選ぶといいでしょう。

まとめ

  • 青汁には粉末タイプと錠剤タイプがある
  • 錠剤タイプの方が、飲みやすくて継続しやすいのでオススメ

商品によって使われている青汁の葉っぱや成分、飲む回数が違うので、健康やダイエット効果の高い錠剤青汁を選ぶようにしましょう。続けやすさを考えると、1日何十錠も飲むタイプはオススメできません。

商品選びはコチラのサイトを参考にしてみてください。

参考サイト:錠剤の青汁おすすめランキング

 - 錠剤ダイエット, ダイエット手法