【置き換えダイエット】炭水化物もOKな糖質制限生活!?

低糖質食品に置き換えるだけで自然にダイエット。無理なく低糖質な生活を送って痩せていきましょう!

糖質制限ダイエットに1番適したソイジョイは?

      2016/04/17

大塚製薬から販売されているソイジョイ。

低糖質なわりに栄養素がたっぷりなので、糖質制限ダイエットのお供として有効なお菓子です。

ソイジョイは非常にたくさん種類が出ているので、どの商品が1番ダイエットに向いているのかわかりづらいと思います。

最もダイエット効果の高いソイジョイを選んで、効率的に痩せたいですよね。

ソイジョイの種類

2016年4月現在、ソイジョイは全部で13種類もの商品があります。

プラスシリーズ、オリジナルシリーズ、クリスピーシリーズの3つに分類できます。

それぞれの特徴を説明していきます。

オリジナルシリーズ

2006年4月に最初に登場したのが、オリジナルシリーズです。発売当初は4種類のみだったようですが、現在は7種類まで増えています。

当初は「大豆のヘルシーさ」と「フルーツのおいしさ」をキャッチコピーに販売していたようです。

どちらかというとダイエット向けというよりは、健康向けという側面の方が強かったようです。

特に初期の商品は、糖質が高い傾向にあります。

Wikipediaによると2007年当時から「提案!ランチダイエット」というキャッチコピーが使われるなど、ダイエットサポート食品として宣伝されていたようです。

プラスシリーズ

プラスシリーズは不足しがちな栄養素を、1つの商品ごとにピンポイントで補足します。

カルシウム、葉酸、鉄の3種類の商品があります。もちろん他の栄養素も含まれていますが、特にこれらの栄養素に特化しているわけですね。

どれも普通の食事だけでは不足しがちな栄養素なので、妊婦さんは葉酸、貧血気味の人は鉄など目的別に商品を選ぶことができます。

ただし、糖質はどれも10gを超えているので、低糖質ダイエット向けの商品とは言えません。

クリスピーシリーズ

2016年4月にプレーン、ミックスベリー、ゴールデンベリーの3種類が発売されました。

大豆パフを加えることで、よりサクっとした食感を高めることができたようです。

食べ応えをさらにアップさせて、朝食の置き換えダイエット向けに考えられた商品だと思います。

また、糖質もオリジナルシリーズに比べて少なくなっているので、低糖質ダイエットにもっとも向いた商品ではないかと思います。

発売当初はAmazonで全種類品切れを起こしていましたので、さっそく人気を集めているようです。

1番糖質の少ないソイジョイは?

  • SOYJOY クリスピーゴールデンベリー
  • SOYJOY ピーナッツ

この2つが糖質6.7gで同率1位でした。

ソイジョイクリスピーゴールデンベリー

ゴールデンベリーはカロリーも120gと抑えられているので、ダイエットには最も向いてると言えます。

ただし、クリスピーシリーズは2割ほど小さくなっています。

また、食物繊維を重視する人にはSOYJOYピーナッツの方が倍近く含まれているのでオススメです。

ゴールデンベリー ピーナッツ
カロリー 120kcal 144kcal
糖質 6.7g 6.7g
食物繊維 2.3g 4.1g
内容量 25g 30g

低GIによる数値以上のダイエット効果

糖質6.7gという数値を見てどのように感じましたか?

たしかにご飯50g、トースト25gなどに比べれば、かなり低い値であるのは間違いありません。

かなり厳密な糖質制限をしている人にとっては、若干物足りない数字にも見えるかもしれません。

ソイジョイには糖質だけでは判断できない、低GIによる効果も期待できます。

ダイエットを後押しする低GIとは?

GIとは、 グリセミックインデックスの略で糖質の吸収を遅らせる効果があることが分かっています。

結果的に同じ糖質の食事をしても太りづらくなるわけです。

数値上は6.7gであってもダイエット効果は、さらに高くなることが期待できるわけです。

まとめ

  • ソイジョイで最もダイエット向きなのは、SOYJOYゴールデンベリーとSOYJOYピーナッツ
  • カロリーと糖質が最も少ないのは、SOYJOYゴールデンベリー
  • 食物繊維も摂りたい人は、SOYJOYピーナッツがお勧め
  • ソイジョイは、低GIの特性によって糖質の吸収を遅らせる効果があり、ダイエットに最適!

 - 糖質制限おやつ , , ,