【置き換えダイエット】炭水化物もOKな糖質制限生活!?

低糖質食品に置き換えるだけで自然にダイエット。無理なく低糖質な生活を送って痩せていきましょう!

野菜ジュース87商品のうち1番低糖質なのは?

      2017/03/16

「最も低糖質な野菜ジュースはどれだろう?」

糖質制限ダイエットで気をつけなければいけないのが、栄養素不足です。

炭水化物を抑えることで、必要な栄養素が不足しがちになります。

「とにかく痩せたい!」というときには盲目になりがちですが、野菜ジュースで効果的に栄養素を補給したいものです。

ただし、野菜の中でも糖質の高い野菜があるように、野菜ジュースにも糖質の高い商品が結構あります。

むしろ、ジュースとほとんど変わらないような糖質の高いジュースの方が多いと言ってもいいかもしれません。

そこで、糖質制限ダイエット中に飲んでも問題ないような野菜ジュースを探してみました。

国内の野菜ジュース4メーカー

国内では野菜ジュースを製造しているのは代表的な会社は、カゴメ、伊藤園、デルモンテ、キリンの4社になります。

それぞれの企業ごとに特徴を説明していきます。

カゴメ

伊藤園野菜ジュース

トマトジュースを含めると41製品もの野菜ジュースを販売しています。

製品数では国内トップを誇ります。カゴメはケチャップからのトマトジュースのイメージがあります。

フルーツより野菜寄りな印象がありましたが、果実ミックスの野菜ジュースも多数販売しているようです。

伊藤園

伊藤園野菜ジュース

伊藤園は28製品で2位でした。

事実上、カゴメと伊藤園の2トップという感じだと思います。コンビニでよく見かける200mlや500mlの紙パックタイプは、ほとんどカゴメか伊藤園の商品になるようです。

果実ミックスと野菜100%の両方に力を入れているようです。

ただし、野菜100%の商品も糖質はあまり低くない傾向にあります。どちらかというと低糖質より、味の良さや栄養価の高さを売りにしているイメージがあります。

デルモンテ

デルモンテ野菜ジュース

デルモンテは、合計19製品でした。

200mlの紙パックはわずか3製品のみでした。これらも普通の野菜ジュースではなく、すいか味やもも味をベースにした少し特殊な商品のようです。

ただし、900mlのペットボトルタイプは定番商品もあり、人気があります。堅実な野菜ジュースを作っている印象です。

紙パックは果物の特殊系、900mlペットボトルは硬派な野菜ジュースとしっかり住み分けを計っているようです。

トマトジュースもカゴメ以上に商品を出しており、力を入れているようです。

キリン

キリン野菜ジュース

キリンは合計8製品です。個人的には、商品を見てもあまり馴染みのある商品はありませんでした。

世間的にもジュースやお酒の印象はあるでしょうが、野菜ジュースのイメージはあまりないと思います。

「48種の濃い野菜」だけは見かけたことがあるかもしれない、というレベルです。

正直なところキリンは、野菜ジュースに関しては他3社に比べると下のランクになります。

あくまで単純に商品数や人気商品があるかという観点の話で、味や品質が下というわけではありません。

スポンサーリンク

各メーカーの商品数

各メーカーの商品数は、次のとおりです。

カゴメと伊藤園がダントツだというのが、改めてわかりますね。

メーカー 野菜果実ミックス 野菜100% トマトジュース
カゴメ 29 16 6
伊藤園 14 11 3
デルモンテ 5 6 8
キリン 3 3 2

野菜100%の定義ですが、レモン果汁などは許容範囲にしています。これをNGにしてしまうと本当に該当商品がなくなってしまいますので。この定義はやや曖昧なので、参考程度に考えてください。

トマトジュースは、野菜ジュースとは別カウントにしました。青汁系は迷いましたが、すべて対象外としました。

野菜ジュース低糖質ランキング

200mlの低糖質野菜ジュース NO1

カゴメ 野菜ジュース糖質オフ

「カゴメ 野菜ジュース糖質オフ」糖質 3.3g

調べてみると意外と低糖質な野菜ジュースは少ないことがわかりました。

糖質3.3gというのは本当に低い値で、トマトジュースや青汁ですらなかなあ見かけない水準です。

野菜ジュースを飲みながらダイエットをしている人は多いと思うので、低糖質野菜ジュースの需要はあるはずなんですけどね。

おそらく、低糖質な野菜ジュースの数が少ない原因は2つあると思います。

1つ目は、糖質を落とすと甘さがなくなるので、飲みづらくなる点が大きいと思います。

当然、メーカーとしては売れる商品を作らなければいけません。実際に私が「カゴメ野菜ジュース糖質オフ」を飲んだ感想は、次の記事を参考にしてみてください。

参考記事:「カゴメ野菜ジュース糖質オフ」の味と糖質量

2つ目の理由は、糖質をそこまでチェックしている人が少ないのかもしれません。

「なんとなく痩せればいいな〜」という人たちが、ジュースより野菜ジュースを選ぶことってあると思いますが、糖質まではチェックしていない人が多いと思うんですよね。

私も以前はそうでした。この商品が売れてもう少し低糖質な野菜ジュースが増えると嬉しいんですけどね。

カゴメ以外には、明らかに低糖質を売りにした野菜ジュースを販売しているメーカーはないようです。

 

900ml – 1Lの低糖質野菜ジュース NO1

デルモンテ 朝サラダ

 

「デルモンテ 朝サラダ」糖質5.7g

デルモンテは全般的に糖質が低い傾向にありますが、特に「デルモンテ 朝サラダ」は糖質5.7gと低い値になります。

残念ながら、上で紹介した「カゴメ野菜ジュース糖質オフ」に比べると劣りますね。

デルモンテさんには、ぜひ低糖質野菜ジュースを開発してもらいたいですね。

 

メーカー別 低糖質野菜ジュース

メーカー別に低糖質な野菜ジュースをピックアップしました。

糖質の低い商品はカロリーも自ずと下がる傾向にあるので、カロリーベースでダイエットしている人にも魅力的です。

強いて弱点を言えば、食物繊維が物足りないところでしょうか。どうしても食物繊維の高い商品は糖質も上がってしまうようです。

商品名 カロリー 糖質 食物繊維
カゴメ 野菜ジュース糖質オフ 200ml 21kcal 3.3g 1.5g
伊藤園 ぎっしり15種類の旬野菜 PET 900ml 39kcal 5.7g 0.8g〜2.1g
デルモンテ  朝サラダ 900ml 28kcal 7.1g 0.6g
キリン 無添加野菜 48種の濃い野菜100% 47kcal 8.4g 1g〜3g

※栄養素の値は200mlあたりの数字です。

まとめ

  • 低糖質な野菜ジュースは少ない
  • 「カゴメ 野菜ジュース糖質オフ」が最も糖質が低い野菜ジュース

野菜ジュースを朝食の置き換えダイエットや栄養補給にうまく活用して、ダイエットに役立てるよう工夫してみましょう。

 - 低糖質ジュース, 糖質制限ダイエット, 野菜ジュース