【置き換えダイエット】炭水化物もOKな糖質制限生活!?

低糖質食品に置き換えるだけで自然にダイエット。無理なく低糖質な生活を送って痩せていきましょう!

ソイジョイクリスピー4種類の味と栄養成分を徹底比較!

      2017/05/01

ソイジョイクリスピー4種類「プレーン」「ゴールデンベリー」「ミックスベリー」「ホワイトマカダミア」を食べ比べてみました。

クリスピーの変更点や4種類の味の感想、ダイエット効果を伝えていきます。

追記:「ホワイトマカダミア」を食べた感想も追加しました。

ソイジョイクリスピーの変更点

ソイジョイクリスピー3種類食べ比べ

ソイジョイクリスピーは、従来のオリジナルシリーズに比べて生地が改良されています。

公式サイトでも宣伝にあるように「さくっ」とした食感に違いが見られます。

文字で見たときは「へ~」という程度でしたが、実際に味わってみると結構違いがあります。食感はおいしさを判断する重要な要素であることに気づかされます。

弱点としては、少し生地がこぼれやすくなっています。食べる場所には気を付けましょう。

ソイジョイクリスピー食べ比べ

プレーン

ソイジョイクリスピープレーン

ソイジョイクリスピープレーン

Amazonでも1番人気が高いのがプレーンです。パパイヤとパイナップルも原材料に使われていますが、補助的な程度でフルーツの味はあまりしませんでした。

プレーンというだけあって、生地自体にこだわりを感じます。シンプルながら、なかなか深い味わいを楽しむことができます。ソイジョイのピーナッツに近い味かなと思いましたが、原材料を見るとあまり共通点はないようです。

ソイジョイ全般に言えますが、大豆という感じがまったくありません。プレーンは、特に小麦粉で作られたお菓子と同じような甘みが再現されてる気がします。

実際、前情報なしにうちの家族が食べたところ「小麦粉入ってるでしょ?」というコメントをしてくれました。

ゴールデンベリー

ソイジョイクリスピーゴールデンベリー1

ソイジョイクリスピーゴールデンベリー

ゴールデンベリーの他にオレンジも原材料に含まれています。

Amazonのランキングによるとソイジョイクリスピーの3種類では3位でしたが、クリスピーの中では、ゴールデンベリーが一番おいしいと思います。まだ発売されたばかりなので、まだAmazonの順位もあてにならないかもしれませんね。

公式サイトに「さわやか」という表現がありますが、まさにピッタリです。家族もこのフレーズを知らないのに同じく「さわやかな味だね」と言っていました。

プレーンしか食べたことがないという人には、ぜひ一度味わってほしいです。

参考:ソイジョイクリスピーゴールデンベリーを食べてみた

ミックスベリー

ソイジョイクリスピーミックスベリー

ソイジョイクリスピーミックスベリー

クランベリー、ラズベリー、ストロベリーが入ったフルーティーなミックスベリー。クリスピーの中で最も甘いのが特長です。そうは言っても、甘すぎるほどの甘さではありません。

フルーツがミックスされてる分、少し味が複雑に感じてしまいました。どこかで味わったことがあるのですが、思い出せません。好みの問題でしょうが、私はゴールデンベリーの方が好きです。

ホワイトマカダミア

ホワイトマカダミア

2017年に新たに発売された「ホワイトマカダミア」。近所のスーパーでは人気のあまりいつも売り切れになっています。

パッケージを開けるとホワイトチョコレートの香りが漂ってきます。サクサク感は、他のクリスピーと同じです。ニオイの感じほど甘さのしつこさがありません。ホワイトチョコとナッツの丁度良いとこどりをした味に仕上がっています。

ホワイトチョコレートそのものより、甘さが後をひかない感じです。他のクリスピーシリーズに比べてよりスイーツ感が増した気がします。これだけ甘そうなのに糖質は低いので、罪悪感なく食べられるのがうれしいです。

栄養成分から見るダイエット効果の比較

ソイジョイクリスピーの栄養成分を見てみましょう。ダイエットに影響の高いカロリー糖質GI値をピックアップしてみました。ソイジョイオリジナルに比べて、ソイジョイクリスピーの方が、低い値になっているので、ダイエット向きになっています。特に糖質はかなり低下しています。近年の低糖質ダイエットを意識して、クリスピーはあえて低糖質な商品になっているのだと思います。

GI値は低いほど、糖質の吸収がおだやかで太りにくい基準値です。55以下が低GI食品になります。

商品名 容量 カロリー 糖質 GI
ソイジョイ クリスピー プレーン 25g 123kcal 7.1g 19
ソイジョイクリスピー ミックスベリー 25g 119kcal 7.8g 22
ソイジョイクリスピー ゴールデンベリー 25g 120kcal 6.7g 18
ソイジョイクリスピー ホワイトマカダミア 25g 133kcal 5.9g 非公開
ソイジョイオリジナルシリーズの平均値 30g 134kcal 10.7 24.1

最もダイエット向けのソイジョイは?

ホワイトマカダミアの糖質とGI値は、ソイジョイ全12製品の中でも最も低い値です。オリジナルシリーズと比べると半分ほどの糖質量なので、低糖質ダイエットにおすすめです。ただし、ソイジョイクリスピーはどれも低糖質なので、味の好みで選んでも十分ダイエット効果は発揮できるでしょう。

ソイジョイクリスピーは、従来のオリジナルシリーズと比べて容量が5g減ってしまったのは残念ですが、食べ比べても気づかないほどでした。

ただし、ソイジョイクリスピーは、いくら低糖質と言っても食べ過ぎては意味がありません。朝食や昼食の代わりに置き換えダイエットとして活用すると高い効果が期待できます。

まとめ

ソイジョイは良い意味で大豆らしさは少なく、栄養補助食品というレベルを超えた味です。現に私は大豆は苦手な方ですが、全く苦にすることなくソイジョイは食べることができます。特にクリスピーは生地の改良によって食感が改善されて、さらに上の美味しさへと正統進化したといえます。

クリスピーは、糖質は低いのにダイエッ効果は向上しているのが嬉しい点です。いわゆる甘〜いお菓子が好きな人には向いていませんが、間食や置き換えダイエットには最適な選択肢だと言えます。

いろんなソイジョイを試してみたい人向け

ソイジョイクリスピーは、4種類どれもレベルが高いので、日替わりに食べるとより楽しみが増えます。最初は「ソイジョイ1本で朝食の代わりなんて絶対無理!」と思っていましたが、飲み物も一緒に飲めばどうにかなるものです。

 - 糖質制限おやつ, 置き換えダイエット , , ,